仮想通貨

Binance(バイナンス)のスマホアプリが便利!!【使い方解説します】

 

こんにちは、いましお(@imashiocrypt)です。

 

最近多い、Binanceネタ。

Binanceは使いやすく、手数料も安く、取引額も多いという3拍子揃った取引所です。

その中で、意外と知られていないのが

スマホアプリがあって、アプリの使い勝手も便利!』という点です。

 

なので、今回は

Binanceのスマホアプリの導入方法と使い方』について解説します。

※いましおはAndroid派の人間なので、GooglePlayからAndroid向けのアプリをダウンロードして使う方法を解説します。
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
管理人いましお  オススメ国内取引所
 ① Zaif(ザイフ) :売買手数料が圧倒的に安い!
 ② Coincheck(コインチェック) :主要なアルトコインは手に入る!
 ③ GMOコイン :仮想通貨FXならココ!

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 

Binanceのアプリをダウンロード

ということで、さっそくBinanceのアプリをダウンロードします。

 

GooglePlayから「Binance」と検索していただければ、ダウンロードできます。

GooglePlay:Binance – Cryptocurrency Exchange

 

 

Binanceアプリの使い方

ダウンロードが完了したので、次はアプリの使い方についてです。

 

アプリを起動すると

・Markets

・Trades

・Funds

・Account

と4つの大きな項目で操作を行うことができます。

 

日々の情報チェックと取引で使用するならば

Markets」と「Trades」がメインとなるので、この2つについて解説をします。

 

Marketsについて

Marketsは各通貨の現在の価格がわかります。

 

Binance取引所の基軸通貨である

・ビットコイン建て(BTC建て)

・イーサリアム建て(ETH建て)

・バイナンスコイン建て(BNB建て) ・・・Binance特有の通貨

の3種類で、通貨の価格表示とチャートの確認をすることができます。

 

自身の保有通貨の事情により、何建てで取引を行うかを決めているかと思いますが

BinanceではBNBを使用して取引を行うと、取引手数料を半額(0.05%)に抑えることができるので、BNB建てとBTC建ての両方を確認が一番です。

 

※普段コインチェックやビットフライヤーの国内取引所のアプリをメイン使用しているとJPY建て(日本円建て)の表示に慣れていると思いますが、海外取引所はUSDT(米ドル建て)か基軸となる仮想通貨建てで表示されるのが一般的なので、BTC建てとETH建ての表示に慣れるようにしましょう。

赤枠部分を選択することで、BTC建て、ETH建て、BNB建てと変更することができます。

 

あとは、確認したい通貨が表示されるまでスクロールして確認を行います。

 

Tradesについて

Trade実際に売買の取引を行う際に使用します

 

個別に通貨を選択すると下図のような、個別銘柄の状況が表示されます。

 

【買い注文について】

 

それぞれ赤枠で記載していますが、買い注文を入れる場合の方法として

・LimitOder = 指値注文
・MarketOder = 成行注文 を選択して、実施します。

 

・Equivalentで、買いたい数量を入力

すると、Total欄に合計の値段が表示されます。

 

問題がない場合、黄緑色の「Buy」ボタンを押して、注文を行います。

 

他の部分には

買い板(ピンク色)売り板(黄緑色)の状況がリアルタイムで表示されています。

 

 

【売り注文について】

基本的には買い注文と使い方は同じです。

 

それぞれ赤枠で記載していますが、売り注文を入れる場合の方法として

・LimitOder = 指値注文
・MarketOder = 成行注文 を選択して、実施します。

 

・Equivalentで、買いたい数量を入力

すると、Total欄に合計の値段が表示されます。

 

問題がない場合、ピンク色の「Sell」ボタンを押して、注文を行います。

 

他の部分には

買い板(ピンク色)売り板(黄緑色)の状況がリアルタイムで表示されています。

 

 

アプリの認証方法も色々設定できます

 

Accountから設定画面に移動すると

アプリの認証方法で2種類の認証設定を設定することができます。

 

 

・Touch ID = 指紋認証

・Pattern = パターン認証  を設定することができます。

 

指紋認証機能付きのスマホであれば、本人でない限りまず開けることのできない認証設定ができるので、セキュリティ面でも安心です。

 

以上、スマホアプリの使い方でした。

 

まとめ

今回は、BinanceはPCサイトから表示する取引所の画面だけでなく

『スマホアプリも使いやすいよ!』という話から

 

Binanceのスマホアプリ導入方法と使い方を解説しました。

 

Binanceを使っている方で、Android使いの方はぜひインストールしてはいかがでしょうか。

 

『Binanceをまだ登録していないよ!』という方は

下記記事を参照に登録をどうぞ!

【登録方法紹介】中国のBinance(バイナンス)取引所に登録!使い方紹介します【仮想通貨取引所】

Binanceに登録

 

いましお

以上、見ていただきありがとうございました。

 


▼▼ 仮想通貨取引は下記の取引所からどうぞ ▼▼

■Zaif
ビットコインやネム等のコイン売買手数料が無料のためよく使っています。
Zaifトークンなど、ここでしか買えないトークンも扱っています。

【Zaifの登録方法はこちらの記事を参照】

■コインチェック
最初に登録する人が多い「コインチェック」です。多くの種類の仮想通貨を扱っています。
日本円ベースでみることのできるスマホアプリが使いやすく、おすすめです。

【コインチェックの登録方法はこちらの記事を参照】

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 

 

【海外取引所もどうぞ!】

■Bainance(バイナンス)

取引手数料が安く、アルトコインの上場が速い取引所です。
動作も軽いので短期で取引する方に特におすすめです。

【Binanceの登録の方法はこちらの記事を参照】

■CoinExchange(コインエクスチェンジ)

草コインの取り扱いは半端じゃない。
色々なアルトコインにチャレンジしてみたい方はどうぞ。

【CoinExchangeの登録の方法はこちらの記事を参照】

 

【ブログランキングにも参加中!】
ポチってくれたら、励みになります。(`・ω・´)


仮想通貨ランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村

ABOUT ME
いましお
いましお
2017年8月から仮想通貨投資にのめり込んでいる、IT系サラリーマンです。このBlogでは、『自身が体験した困ったこと』や『仮想通貨初心者がわかりやすい』と思う内容を意識して記事にしています。 「知ってみて、調べて、そしてやってみる!」楽しんでやってみましょう。