仮想通貨

【CoinCheck(コインチェック)~登録~】口座開設方法と2段階認証設定方法【初心者向け】

こんにちは、いましおです。

本日は、国内大手仮想通貨取引所の【CoinCheck(コインチェック)】の登録・口座開設方法と2段階認証の設定方法を解説します。

コインチェックを使うのメリット・デメリットは以前記事にまとめているため、良ければ参照ください。

【初心者向け】coincheck(コインチェック)のメリット・デメリット【販売所】

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
【管理人オススメ国内取引所】
 ① Zaif(ザイフ) :売買手数料が圧倒的に安い!
 ② Coincheck(コインチェック) :主要なアルトコインは手に入る!
 ③ GMOコイン :仮想通貨FXならココ!

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
CoinCheck(コインチェック)は仮想通貨の主軸となる『ビットコイン』を基本にアルトコインと呼ばれる、仮想通貨を14種類扱っている取引所になります。
※ビットコインは取引所形式ですが、他13種類のアルトコインは販売所形式になっています。
① ビットコイン ② イーサリアム
③ イーサリアムクラシック ④ リスク
⑤ ファクトム ⑥ モネロ
⑦ オーガー ⑧ リップル
⑨ ゼットキャッシュ ⑩ ネム
⑪ ライトコイン ⑫ ダッシュ
⑬ ビットコインキャッシュ

有名通貨であるビットコインやイーサリアム、リップルといった通貨をおさえつつ

次に続く、比較的古くから存在し、時価総額もほどほどに高い通貨を扱っています。

 

CoinCheck(コインチェック)登録方法

CoinCheck(コインチェック)のサイトにアクセスします。

登録方法は2つあります。
① Facebookのアカウントと連動させることで登録する方法
② メールアドレス、パスワードを別で決めて登録する方法

今回は、②のメールアドレス、パスワードを別で決めて登録する方法を紹介します。

 

赤枠で囲った箇所に

「登録に使う自身のメールアドレス」と「ログイン時に使用するパスワード」を決めて入力し、「登録する」をクリックします。

すると、登録したアドレス宛にメールが送信されるため、
そのメールに記載されているURLをクリックすると、ログインができます。

 

本人確認認証の実施

アカウント作成の次は、本人確認認証を実施します。

これを行わなければ、実際の取引ができません!!

【1】の「本人確認書類を提出する」をクリック

これから、<1>~<3>の3段階で登録を進めていきます。
<1> 電話番号認証
<2> 本人確認書類の提出
<3> 郵送による本人確認の実施

電話番号認証の実施

先ほど、【1】の「本人確認書類を提出する」をクリックすると以下のページが表示されます。

されない場合、

① 設定
② 本人確認 または 電話番号認証 をクリックすると表示されます。

③ 電話番号認証に用いる電話番号を入力し、「SMSを送信する」をクリックします。
(SMSで連絡が取れる必要があるため、スマホの電話番号で登録しましょう。)

SMSが届いたら、記載されている認証コードを画面に入力し、
電話番号認証完了です。

本人確認情報の入力と書類提出(アップロード)

本人確認のための情報を入力します。
赤枠で囲った部分の内容を埋めます。

次に、本人確認書類を提出します。
以下の書類から1つを選んで使用しましょう。

【本人確認書類に使用可能な書類】
・パスポート(顔写真のあるページと住所のページをご提出ください)
・在留カード(裏面もご提出ください)
・特別永住者証明書(裏面もご提出ください)
・運転免許証(裏面もご提出ください)
・運転経歴証明書
 (裏面もご提出ください。交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限ります)
・住民基本台帳カード(裏面もご提出ください)
・マイナンバーカード(裏面の画像はアップロードしないでください)

参考:コインチェック -「本人確認に必要な提出書類について」

 

① 提出書類(例では運転免許証)と自身の顔写真が一緒に写っている画像をアップロードします。

② 提出書類の表面を撮った画像をアップロードします。

③ 提出書類の裏面を撮った画像をアップロードします。

④ アップロードが終わったら、「本人確認書類を提出」をクリックします。

郵送書類による本人確認

書類に不備がなければ、数日で認証され、自宅に本人確認用の書類が届きます。

最後、この本人確認用書類に記載されている「本人確認用のコード」を用いて認証します。

 

以上で、CoinCheck(コインチェック)による、本人確認は完了になります。

各種重要事項の承諾

登録の本人確認には直接関係ありませんが、
各種重要事項の承諾を行わないと、取引ができません。

そのため、各種重要事項の承諾もまとめてやっておきます。
(先ほどの、【2】各種重要事項を確認する にあたります。)

以下の例では、承諾が済んだ状態となっています。

① 「重要事項の承諾」をクリック
② 各種書類が表示されているため、一読し、承諾を行います。

以上で、各種書類の承諾は完了です。

 

2段階認証の設定方法(セキュリティUP)

本人確認が完了したら、2段階認証を設定しましょう。
取引を行うために、大切なお金を預ける場所なのでメールアドレスとパスワードだけではセキュリティ面で危険です。
下記を参考に、確実に設定するようにしましょう。

 

いくつか方法がありますが、ここでは「google認証システム」を用いた方法を紹介します。

Google認証システムをダウンロード

まず、google認証システムのアプリをダウンロードします。

2段階認証の設定

① ログインを実施し、「設定」をクリック

② 画面上部の「二段階認証」をクリック

③ Google認証システムのQRコードリーダーで、画面に表示されたQRコードを読み込む
または、画面に表示される16桁のキーコードをGoogle認証システムに打ち込むことで
Google認証システムに登録がされます。

④ Google認証システムで表示される、6桁のコードを入力し、「認証する」をクリック

⑤ 「認証済みです」と表示されたら完了です。

 

まとめ

今回は

・CoinCheck(コインチェック)の登録方法
・2段階認証の設定方法

を解説しました。

まだ、仮想通貨を始めていなかたは、ぜひ参考にしてください。

 

以上、ご覧いただきありがとうございました。

▼▼ Coincheckのサイトはこちら ▼▼
ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

 



【 その他、初心者におすすめの仮想通貨取引所 】
自身が使っている、日本で仮想通貨が買える場所です。

■Zaif
ビットコインやネム等のコイン売買手数料が無料のためよく使っています。
Zaifトークンなど、ここでしか買えないトークンも扱っています。

 



【 初心者におすすめの仮想通貨取引所 】
自身が使っている、日本の取引所2か所です。

■Zaif
ビットコインやネム等のコイン売買手数料が無料のためよく使っています。
Zaifトークンなど、ここでしか買えないトークンも扱っています。

 

【海外取引所もどうぞ!】

■Bainance(バイナンス)

取引手数料が安く、アルトコインの上場が速い取引所です。
動作も軽いので短期で取引する方に特におすすめです。

■CoinExchange(コインエクスチェンジ)

草コインの取り扱いは半端じゃない。
色々なアルトコインにチャレンジしてみたい方はどうぞ。

【ブログランキングにも参加中!】
ポチってくれたら、励みになります。(`・ω・´)


仮想通貨ランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ 仮想通貨へ
にほんブログ村

 

 

ABOUT ME
いましお
いましお
2017年8月から仮想通貨投資にのめり込んでいる、IT系サラリーマンです。このBlogでは、『自身が体験した困ったこと』や『仮想通貨初心者がわかりやすい』と思う内容を意識して記事にしています。 「知ってみて、調べて、そしてやってみる!」楽しんでやってみましょう。